3) 墜落制止用器具は「フルハーネス型」を使用することが原則

「フルハーネス型」の使用が原則

墜落制止用器具はフルハーネス型が原則となりますが、

フルハーネス型の着用者が墜落時に地面に到達するおそれのある場合
(高さが6.75m以下)は

「胴ベルト型(一本つり)」を使用できます


「胴ベルト」が使用できる条件…6.75m以下について